ラリーナサールの裁判で被害者の父親が被告に飛びかかる様子を捉えた動画

アメリカ体操女子のオリンピックチームドクターラリーナサール

日本のテレビ番組でも取り上げられて有名なアメリカ体操女子のオリンピックの元専属チームドクターラリーナサール。とぼけた顔してますが極めて悪質な行為で全米を震撼させた男の中身は悪魔。アメリカのミシガン州の裁判所で男を前にした被害者の父親の怒りが頂点に達して襲いかかったもののセキュリティーに取り押さえられる様子を捉えた動画。3人の娘さん達の父親だそう。3人ともが被害者なのかもしれませんね。。

Father of 3 victims of Larry Nassar goes after him during court


最初から

父親

…to grant me five minutes in a locked room with this demon

裁判官

I have a feeling…

父親

Would you do that?

裁判官

That is not how our..

父親

Yes or No?

裁判官

No sir..I can not do that

父親

Would you give me one minute?

裁判官

You know that I can’t do that. That’s not how our legal system works

父親

Well, I’m going to have to..

父親

I want that son of a b****!

父親

What if this happened to you guys?

裁判官

You can not behave like that. No one can behave like this. I want to make sure it’s crystal clear

父親

You haven’t lived through it, lady

「5分だけでもいいのでこの悪魔みたいな男と鍵のかかった部屋で2人きりにしてもらえませんか?」
「お気持ちはわかりますが..」
「2人きりにしてもらえます?」
「そのような事は..」
「イエスかノーか?」
「ノーです。それは出来ません..」
「じゃあ1分だけでも」
「そんなの無理なのはあなたも知ってるでしょう。私たちの法律ではその様な事は許されていません」
「そうですか..じゃあ最後の手段に出るしか..」
「そのクソ野郎を…」
「あなた達が当事者ならどうする!?」
「その様な振る舞いは許されません!誰もこの様な振る舞いは許されない事を明確にしておきます」
「あなたは当事者じゃないから!!」

チームドクターの立場を利用した悪質な性犯罪

このラリーナサールという男はアメリカ体操連盟とミシガン州立大学の元優秀な医師であり1996年から2015年まで約20年の長きに渡りアメリカ女子体操五輪チームに所属して”怪我の予防”や”痛みの緩和”と称した不適切治療を日常的に行った。その被害者数約200人以上と言われてるらしくしかも13歳から18歳の女性選手。しっかりとした治療もしていたのが逆に発覚が遅れた理由でもあると。だから余計タチ悪い。被害者の中にはオリンピック金メダリストも存在するので男の評価も揺るぎないものがあったのでしょう。似たような手口で同様の行為を働いてる人間まだまだいるでしょう。勇気を持って告発して欲しいですね。

「女性達の証言はウソ」と裁判所へ手紙を出したラリーナサール

この男の最低っぷりはすごい。裁判所に「女性達の証言はウソで僕に捨てられたからメディアの注目を浴びてお金を手にしようとしている」みたいな内容の手紙を送ったと。。これに対して女性裁判官が男の目の前で手紙の内容を投げ捨て詰め寄る場面が以下です・・かなりショーじみてますがwww

問い詰められても譲らない男

Would you like to withdraw your plea?
No

Because you are guilty, aren’t you? Are you guilty, sir?

「あなたの嘆願を退けますか?」
「いいえ」
「だってあなたは有罪でしょ?違いますか?」

ラリーナサールに最低40年最高175年の禁固刑が言い渡されたそうです。